ネットワークエンジニアの出産や子育て

女性が仕事に携わる上で心配が多いのが、出産や子育ての問題です。
男女平等が浸透した日本でも、出産や子育てに関する負担の問題は未解決な課題として取り上げられています。
出産を行うには、職場から一時的に離れる必要があります。
また、小さな子供を育てるためには、仕事のスケジュールを融通する必要があります。
そのため、職場に戻ってきたものの、仕事がないといった問題が報告されています。
このようなことが起こらないように、出産や子育ての負担がある人へのケアを職場全体で考える必要があります。

ネットワークエンジニアの仕事に携わっている女性の場合には、出産や子育ての都合に合わせて、サーバー管理のためのシフトを変えたり、他のスタッフへの引継ぎなどの作業が必要です。

また、しばらく職場から退いていたスタッフを迎えて、どのようにネットワークエンジニアの仕事を割り当てていくかについて、管理職が配慮を行う事が求められます。
女性が能力を発揮して働くことができる労働環境を整備している事は、市民からも高く評価してもらうことができるものです。

企業として評価が上がり、クライアント獲得にも効果があります。
何より、優れた人材を有効に業務に活かすことができる事で、ネットワークエンジニアを抱える企業として成長する効果があります。
出産や子育てに関する職場での問題は完全な解決は難しく今後も取り組むべき課題ではあるものの、改善の効果が期待されます。

会社の対応はもちろんですが、女性がネットワークエンジニアになる前に、きちんと仕事について理解しておくことも大切です。
詳しくは『女性ネットワークエンジニアのおふれこ話』をご覧になって下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>